TOP » フリーターの匠が肌で感じた、メンズ美容・脱毛業界の可能性 » 男性が美容業界に転職する場合、メンズ脱毛業界に勝機あり?

男性が美容業界に転職する場合、メンズ脱毛業界に勝機あり?

「接客を通して人の人生を豊かにしたい」―この想いはメンズ美容業における「接客」を通しても実現できるものではないだろうか?

接客業を続けてもうすぐ10年の月日が経つフリーターの風来匠(ふうらいたくみ)。彼はこの業界に可能性を強く感じ、大手メンズ脱毛サロンブランド『RINX』の若き社長・讃岐交雄氏へインタビューを実施。男性の美容業界への転職は勝機ありだろうか?…業界の実情に迫る。

【結論】勝機あり。
男性の美容業界への転職は早ければ早いだけ良い

RINX代表 讃岐交雄氏

―今、メンズ美容業の転職は勝機ありですか?

そうですね、十分ありだと思います。私も、もしもっと後にこの業界に入っていたとしたら、きっと今のような立場にはなっていなかったかな、と。なので、早ければ早いだけチャンスは広がると考えております。ただ、一概に転職すれば良いというわけではなく、やはりどの仕事でも、真面目に取り組む、そして、自ら主体的になって働いていく姿勢は最低限必要ですね。

―あえて言うならば、美容業の課題とは何でしょう?

(RINXが属するメンズ美容業界は)業界全体として、まだまだ敷居が高いと思われがちなところです。本当に信頼できるのか疑われていることも払拭しきれていないと感じています。理想としては、業界全体で切磋琢磨し、男性にとってメンズ美容業界のサービスは「受けることが当たり前」にすることが求められているのではないでしょうか。

―美容業界におけるRINXの展望は?

企業コンセプトの「メンズ脱毛をもっと身近に」を誰が見ても実現されているものにするため、まずは日本全国47都道府県すべての地域に店舗展開を行います。そしていずれは世界各国にRINXを展開することを目指しています。

男性の美容業界への転職の可能性を冷静に調べ直した結果

美容の中でも「脱毛」への関心が高いことがわかった

メンズ美容関連キーワードの検索ニーズの変遷
参照元:Googleトレンド(https://trends.google.co.jp/trends/)

髪を切るのと同じくらい脱毛が求められている

上記は、検索回数の推移を確認できる『Googleトレンド』で、男性の美容に関するキーワードの検索ニーズを調べたグラフ。メンズネイルは落ち着きを見せているものの、どのキーワードもおおむね右肩上がりだ。中でも「メンズ脱毛」の高まりは顕著で、今や美容室と肩を並べるほど。「脱毛が当たり前」となる未来も遠くないことは、容易に想像ができる。

RINXの店舗が拡大していることもわかった

リンクスの店舗一覧
参照元:RINX(https://mens-rinx.jp/salon/)

店舗は日に日に増えている

讃岐社長の「まずは日本全国47都道府県すべての地域に店舗展開」という言葉通り、RINXのサロンは拡大中。2018年11月現在で、44店舗を展開している。利用者側でさえまだまだ敷居が高いと感じているのなら、働き手はなおのこと。メンズ脱毛のニーズは高まっているが当たり前にはなっていない今が、転職のチャンスなのかもしれない。

やっぱり「やらない理由がない」ことがわかった

改め考えるフリーターの匠

人を喜ばせる仕事がしたい。求められる人でありたい。

誰かに必要とされたときに感じる喜びは、何にも代えがたい。今、多くの男性が「脱毛」を求めている。匠は目を閉じ、想像する。…自らの手で、その悩みを解決してあげられるとしたら?「接客を通して人の人生を豊かにしたい」そんな理想を実現できるかもしれない。讃岐社長の言葉が脳内で繰り返される。

「早ければ早いだけチャンスは広がる」

メンズ脱毛サロン・RINXの募集要項
仕事内容 メンズ脱毛専門サロンRINX(リンクス)の脱毛技能士(スタッフ)の業務
年収例 ●1020万円/経営幹部/入社3年(30歳)/月給35万円+役職手当10万円+能力ボーナス40万円×12ヵ月
●816万円/マネージャー/入社1年半(27歳)/月給30万円+月間ボーナス38万円×12ヵ月
●564万円/入社1年(25歳)/月給20万円+月間ボーナス27万円×12ヵ月
求める人材 ●未経験者
●学歴・経験不問
●35歳まで(キャリア形成のため)の方

RINXの募集要項を詳しく見る

年収8倍!接客業を極めた社長に独占取材
RINX代表 讃岐交雄氏

元ホテルマンから脱毛技能士に転身後、約7年で社長まで上り詰めた彼のサクセスストーリーの真実に迫る。