ブライダルスタッフ

「接客を通して人の人生を豊かにしたい」接客業をはじめてもうすぐ10年。つい最近、理想の接客業を見つけたフリーターの風来匠(ふうらいたくみ)。彼は新たな接客業との出会いを通じて、自信に満ち溢れ、明るくなった。その経験を自分以外の男性たちにも届けたい。彼はそうしてブライダルスタッフから転職を考える男たちに、その思いを届けることにした。

ブライダルスタッフから転職…そのよくある理由とは

キャリアプランが描きにくい

ブライダルスタッフからのキャリアアップは難しい。正社員で雇用されている、もしくは会社として雇用形態が整備されているのでなければ、出世はなかなか叶わないのが現実だ。

労働時間が長い割に給与が安い

ブライダルスタッフは、異業種からの転職希望者も多く人気のある職業の一つだ。しかし、離職率の高い職種として有名な職種という一面もある。なぜか?それは拘束時間が長いということ。さらには給与面で満足のいく金額をもらえないということがあげられるだろう。

華やかに見える業界に、夢を持って飛び込んだはいいものの、アルバイトや派遣としての非正規雇用が多く、生活が安定しない。人気の職種であるため、離職者が出てもすぐに人が補充される。そんな環境に身を置くうちに「辞めたい」と思い始める人が多いのだ。離職率が高いのも頷ける。

仕事の責任が大きい

記念の結婚式に携わるブライダルスタッフ。結婚式を挙げるカップルにとっては一生に一度の晴れ舞台だ。人生で大きな意味を持つ、重要な日である。ミスや間違いは許されず、途轍もない責任が伴う仕事でもある。

雇用形態がバイトであろうが派遣であろうが、結婚式を挙げるふたりにとっては、関係無い。ミスだけは絶対にしてはいけない仕事、それがブライダルスタッフだ。

ブライダルスタッフから転職する前に自問したいこと

もう結婚式を見るのは嫌か?

人生の晴れ舞台のひとつでもある結婚式を手伝うブライダルスタッフ。お手伝いができるということが誇らしかったという気持ちは?未練は?もう無いか?を確認しよう。

晴れやかなのは表の会場だけ、裏方では怒声やミスを叱り飛ばされる…もし、未練はないというのなら、転職するべきだ。

そのような心持ちで働き続けていると、いつか大きなミスをしてしまう日が来てしまうことだろう。自らのミスで自分を責めてしまう…そんな日が来る前に、転職を検討してもいいだろう。

改め考えるフリーターの匠

ブライダルスタッフからの転職者の強みとは

完璧な配慮と接客スキル

他のサービス業と比べても、高い接客スキルが求められるブライダルスタッフで働いていたという経験は、人生において何倍もの財産となっていることだろう。

基本の接客マナー、結婚式中に起こるトラブルにも臨機応変に対応できるようになっているのではないか?もしそうであれば、どんな職業であっても、うまく乗り越えていけるはずだ。

転職を成功させるのなら

転職を迷っているのなら、転職した男達の体験談や経験を聞くことも大切だ。

自分の強みは何なのかを知り、つちかってきたスキルやノウハウを存分に活かして欲しい。

メンズ脱毛サロン・RINXの募集要項
仕事内容 メンズ脱毛専門サロンRINX(リンクス)の脱毛技能士(スタッフ)の業務
年収例 ●1020万円/経営幹部/入社3年(30歳)/月給35万円+役職手当10万円+能力ボーナス40万円×12ヵ月
●816万円/マネージャー/入社1年半(27歳)/月給30万円+月間ボーナス38万円×12ヵ月
●564万円/入社1年(25歳)/月給20万円+月間ボーナス27万円×12ヵ月
求める人材 ●未経験者
●学歴・経験不問
●35歳まで(キャリア形成のため)の方

RINXの募集要項を詳しく見る

年収8倍!接客業を極めた社長に独占取材
RINX代表 讃岐交雄氏

元ホテルマンから脱毛技能士に転身後、約7年で社長まで上り詰めた彼のサクセスストーリーの真実に迫る。