インストラクター

「接客を通して人の人生を豊かにしたい」ー接客業をはじめてもうすぐ10年。つい最近、理想の接客業を見つけたフリーターの風来匠(ふうらいたくみ)。

彼は新たな接客業との出会いを通じて、自信に満ち溢れ、明るくなった。その経験を自分以外の男性たちにも届けたい。彼はそうしてインストラクターから転職を考える男たちに、その思いを届けることにした。

インストラクターから転職…そのよくある理由とは

利用者との行き違いでギクシャク

ほんのささいな言葉や気持ちの行き違いで「お客様がジムを辞めてしまった」という話だ。言葉が厳しい、指導が行き過ぎているというクレーム、ジムに来ている人は意外にナイーブな人も多く、インストラクターが気苦労するという話は、よく耳にする。

好きな仕事だけど低賃金

インストラクターの仕事はジムに勤めている場合、平均年収は300万程度。人気のあるインストラクターを除いては、高給取りとは言えないのが現実だ。

好きな仕事と言えど、給料アップの見込みがないのであれば、続けることは難しいだろう。体を動かす職業でもあるため、年齢を重ねるにつれて仕事として続けることは難しい…と感じる男たちも多いのではないだろうか。

インストラクターから転職する前に自問したいこと

仕事や運動が好きなはずなのに何故辞めるのか

子供の頃から運動が好きで、スポーツ選手にはなれないけど、好きなことに携わりながら誰かの役に立ちたいと思い、インストラクターの仕事を選んだはずなのに・・・。

接客も元々向いてると思ってたのに、いつの間にか職場に行く足取りも重くなり、自分の担当していた会員さんが多くやめていったり・・・。何が原因かもわからず、忙しそうな同僚にも相談できず、一人悩む日々。

何がイヤなのか?給料の割に1人で請け負う仕事量の多さ?良かれと思ってアドバイスしたことが裏目に出てしまったこと?理由はいろいろあるだろう。仕事として続けるのか。もう趣味として続けるのか。もう十分だ。その答えが出た時、次の転職先を考えた方がいいだろう。

インストラクターからの転職者の強みとは

人柄の良さ

自分では気づいていないかもしれないが、インストラクターは人柄が良い人が向いてる職種なので、人柄を評価されて面接に合格したはずだ。明るくて爽やかなインストラクターのイメージは、接客業が大事にするところでもある。

人柄とは見た目だけのことではない。物腰の柔らかさのことだったりを指す。スポーツが好きで、好きなものに対して情熱を持っているということは、人を輝かせる。そのような内面から醸し出す良い雰囲気は、良い服を着たからと行って、そうそう出せるものではない。

転職にあたり、人柄の良さは、どのような職場でも評価されるものだ。

努力できることの強さ

スポーツやトレーニングは、怠け者にはできない。自分を厳しく律せる強さがないと無理だ。インストラクターとはつまり、努力ができる人の代表だ。どこの職場でも、努力することが身についている人物に悪いイメージは持たない。

「ここでも頑張ってくれる」と相手に思わせられる。間違いなくこれは強みだ。

転職を成功させるのなら

転職を迷っているのなら、転職した男達の体験談や経験を聞くことも大切だ。

自分の強みは何なのかを知り、つちかってきたスキルやノウハウを存分に活かして欲しい。

改め考えるフリーターの匠
メンズ脱毛サロン・RINXの募集要項
仕事内容 メンズ脱毛専門サロンRINX(リンクス)の脱毛技能士(スタッフ)の業務
年収例 ●1020万円/経営幹部/入社3年(30歳)/月給35万円+役職手当10万円+能力ボーナス40万円×12ヵ月
●816万円/マネージャー/入社1年半(27歳)/月給30万円+月間ボーナス38万円×12ヵ月
●564万円/入社1年(25歳)/月給20万円+月間ボーナス27万円×12ヵ月
求める人材 ●未経験者
●学歴・経験不問
●35歳まで(キャリア形成のため)の方

RINXの募集要項を詳しく見る

年収8倍!接客業を極めた社長に独占取材
RINX代表 讃岐交雄氏

元ホテルマンから脱毛技能士に転身後、約7年で社長まで上り詰めた彼のサクセスストーリーの真実に迫る。