テーマパークスタッフ

「接客を通して人の人生を豊かにしたい」ー接客業をはじめてもうすぐ10年。つい最近、理想の接客業を見つけたフリーターの風来匠(ふうらいたくみ)。彼は新たな接客業との出会いを通じて、自信に満ち溢れ、明るくなった。

その経験を自分以外の男性たちにも届けたい。彼はそうしてテーマパークスタッフから転職を考える男たちに、その思いを届けることにした。

テーマパークスタッフから転職…そのよくある理由とは

正社員の採用がさほど多く無い

テーマパークのスタッフは、天気に関わらず一日中外で働く体力仕事なことも多く、若いスタッフが多い。特に学生のアルバイトとしては、繁忙期の期間限定でOKなどの条件も良く、人気の職種のひとつとなっている。

そのため、会社が積極的に正社員で採用することがなく、学生の時からなんとなく続けてきたけどこのままでいいんだろうか・・・、と将来を考えるとあまり明るい職種と言い難い現実があるのだ。

重労働の割に時給があまりよく無い

一時的なアルバイトとして割り切るにはいいかもしれないが、ずっと続けていくとなると、労働量の割になかなか上がらない時給なども不安要素に。学生などのパートアルバイトのスタッフが中心ということもあり、ある程度の年齢になると、転職を考える人も多い。

テーマパークスタッフから転職する前に自問したいこと

やめて何をしたいのか

なぜテーマパークスタッフを始めたのか?楽そうな仕事だったから?条件が良かったから?じゃあ何故それが今は、転職しようと考えるようになったのか。何をこれから仕事にしていきたいのか、自分は何をしたいのか、考えるきっかけにもなるだろう。

これからの将来を考える上で、今の仕事に何故疑問を持ったのか、普段だと考えないようなことを今一度胸に手を当てて考えてみるのも、転職を成功させる秘訣かもしれない。

テーマパークスタッフからの転職者の強みとは

標準の接客スキルとともに体力が自然と身についている

常にお客様の目があり、接する機会の多いテーマパークスタッフには、いつ接客してもおかしくないよう研修を受けているはずだ。基本の接客スキルは、どの仕事でも役立つ。とっさの出来事にも、臨機応変に対応できるはずだ。

コミュニケーション能力も身についていると思う。お客様の前に立つことが多かったことが、自然と強みにつながっているのだ。そのスキルは、転職において有利に働くはずだ。

猛暑の日も雨の日も、雪の降るような寒い時期も、外で働いてきたことで、体は丈夫になったのではないだろうか?接客スキルを持つ、体力もある人材は、面接でも好印象を残すに違いない。

知らずに身についているホスピタリティー精神と責任感

特に専門の知識はなくても働けてしまうテーマパークスタッフだけど、「お客さんに楽しんで欲しい」という思いや、安全に考慮するような心持ちで仕事に携わっていたと思われる。そのような思いやりの精神やもてなしの心は、接客業の中でもテーマパークという観光施設に勤めることで備わったと言えるのではないだろうか。

そのような心持ちは、単純作業の仕事からは身に付かないものだ。知らずに身についている、あなたの武器といえるのでは?

転職を成功させるのなら

転職を迷っているのなら、転職した男達の体験談や経験を聞くことも大切だ。

自分の強みは何なのかを知り、つちかってきたスキルやノウハウを存分に活かして欲しい。

フリーター・匠による接客業経験ありのRINX社員調査

メンズ脱毛サロン・RINXの募集要項
仕事内容 メンズ脱毛専門サロンRINX(リンクス)の脱毛技能士(スタッフ)の業務
年収例 ●1020万円/経営幹部/入社3年(30歳)/月給35万円+役職手当10万円+能力ボーナス40万円×12ヵ月
●816万円/マネージャー/入社1年半(27歳)/月給30万円+月間ボーナス38万円×12ヵ月
●564万円/入社1年(25歳)/月給20万円+月間ボーナス27万円×12ヵ月
求める人材 ●未経験者
●学歴・経験不問
●35歳まで(キャリア形成のため)の方

RINXの募集要項を詳しく見る

年収8倍!接客業を極めた社長に独占取材
RINX代表 讃岐交雄氏

元ホテルマンから脱毛技能士に転身後、約7年で社長まで上り詰めた彼のサクセスストーリーの真実に迫る。