TOP » フリーターの匠による接遇研修受講 » 接遇研修で学んだこと1.身だしなみ

接遇研修で学んだこと1.身だしなみ

接客業でなぜ身だしなみが重要視されるのか

「人から信頼される見た目」を考えよ

想像してみてほしい。たとえば、お店の業態は何でも良いのだが、金髪・ロン毛でシルバーのいかついネックレスをジャラジャラと付けている店員さんと、黒髪・短髪・ネクタイを締めている店員さんと、どちらが信頼性ある人間に「見える」だろうか?お客様との信頼関係を築いてこそ、初めて契約してもらえる=お金がお支払いいただくことを考えれば、なぜ身だしなみを重要視するかは言うまでもないだろう。

では、適切な身だしなみとはどんなものだろうか?細かく見ていこう。

接客業の身だしなみで気を付けるべきポイント

髪の毛

格安のビジネスホテルと1泊数万円もするラグジュアリーホテル。2つのホテルのスタッフの髪型にはどんな違いがあるだろうか。おそらく男性スタッフはサイド分けかオールバックを徹底しているだろう。決して流行に沿った髪型ではないが、この髪型が徹底されている背景には「お客様に不快に思われない」という要因があると考えられる。あくまで接客における身だしなみはお客様から評価されるものであり、自分の価値観や評価基準に左右されるものではないのである。

服装

接客業で服装が重要視される一番の理由は「清潔感」だろう。制服として服装を定める店舗が多いのも、一定レベルの清潔感を保つために他ならない。ただし、スタッフ単位で管理をしている場合、汚れやしわなどがそのままになっているケースも少なくない。お客様から信頼を得るためにも、服装そのものだけでなく、小さな汚れやしわ、しみなどにも目を向けよう。

お客様が意外と見ているのがスタッフの靴。汚れや傷があったり、かかとがすり減っていたりすると、印象は良くない。逆を言えば、きちんと磨かれ手入れの行き届いた靴を履いているスタッフは、それだけでも信頼されやすい。

時計・アクセサリー

時計やアクセサリーなどはなるべく派手なものでないほうがベター。飲食店の場合、指輪をつけていると料理に細菌が付着したり、お皿・グラスに傷をつけてしまったりする恐れがあります。また電話対応のある職場だと、ピアスやイヤリングが邪魔になってしまうことも…。

メンズ脱毛サロン・RINXの募集要項
仕事内容 メンズ脱毛専門サロンRINX(リンクス)の脱毛技能士(スタッフ)の業務
年収例 ●1020万円/経営幹部/入社3年(30歳)/月給35万円+役職手当10万円+能力ボーナス40万円×12ヵ月
●816万円/マネージャー/入社1年半(27歳)/月給30万円+月間ボーナス38万円×12ヵ月
●564万円/入社1年(25歳)/月給20万円+月間ボーナス27万円×12ヵ月
求める人材 ●未経験者
●学歴・経験不問
●35歳まで(キャリア形成のため)の方

RINXの募集要項を詳しく見る

年収8倍!接客業を極めた社長に独占取材
RINX代表 讃岐交雄氏

元ホテルマンから脱毛技能士に転身後、約7年で社長まで上り詰めた彼のサクセスストーリーの真実に迫る。